こんにちは。いくやです。

今回は水戸サクラのSPEED5000についてお伝えします。

是非参考になればと思います。

 

当ブログにおいて掲載する情報・内容については十分の注意・確認した上で

掲載しておりますが、管理人の個人的判断に基づくものでその内容について

保証することはできません。

また、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性もあります。

当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。

 

SPEED5000
SPEED5000

 

販売者情報

販売者 記載なし
運営責任者 記載なし
住所 記載なし
メールアドレス 記載なし
電話番号 記載なし
販売ページ こちらから

※特商法のページはありませんでした。

 

内容

SPEED 5000

あなたの年収が最速で5000万円になる無料アプリ

無料でダウンロードするだけで

あなたの年収が5000万円に到達します。

※販売ページより引用

 

ネットビジネスを展開していく中で、アプリをリスト収集や顧客誘導等の

様々な目的の為にツールとして利用するって人がいるかもしれません。

TwitterやFacebook等のSNSだけでなく、多様なアプリがあるので、

便利なアプリを利用するっていうのは有効な手段ですよね。

私は視野が狭い(頭が固い)人間なので、アプリを使うっていう

発想がまず出てこなかったですけどね…(笑)

 

今回はアプリ?らしきもので稼げる案件です。

SPEED5000という名称ですが、その意味は…?

競泳用水着などでSPEEDspeedo社とは関係は無さそうですね(笑)

 

アプリ詳細
アプリ詳細

 

SPEED5000を利用すると、年収5,000万円という驚異的な

収入を手に入れる事ができるそうです⁉

年収5,000万円なんて立場になったら、興奮して(*´Д`)ハァハァしちゃいますね…。

しかも、5,000万円は最低保証額とのこと…(汗)

それ以上の収入が見込めるなんてホントかぁ~⁉

そんなアプリあったら、私は絶対に人に教えず

自分でアプリを使い倒してしまいますね。

日割り計算で毎日137,000円が手に入るようですが、

逆にそんなに貰えてしまったら、何に使うか迷ってしまいます。

利用するのに国籍が関係ないのなら、日本以外の海外版もあるのでしょうか?

 

実績
実績

 

直近の実績という事でGW中の収益を公開していますが、平日や休日関係なく

収益が発生するんかい⁉って思いました。

365日24時間稼働するビジネスモデルって事ですか?

まるでコンビニみたいです…。

このアプリは何で稼いで、ダウンロードした人達に毎日137,000円払っているんでしょうか?

販売ページを見ても、ビジネスモデルに関する説明はありませんでした。

 

レビュー
レビュー

 

SPEED5000を利用した人達のレビューが掲載されているのですが、

初月で528万円手に入れている人や、3ヶ月で1,500万円稼いでいる人がいるようです。

毎日入金って書かれていますが、振込先にネットバンキングを登録していない人は

土・日・祝日は入金されてこないですよね?

レビュー通りのアプリであれば、すぐに情報が広まってダウンロード数が

半端ないと思いますが…。

そもそも、そーいうバカみたく稼げるモノがアプリの審査が通るのでしょうか?

 

申請方法
申請方法

 

ん?友達追加?

LINEですか?

アプリでスマホに入れる類のモノではなかったのですか?

何だか初めの方に説明されている事と方向が異なるような…(汗)

ナビゲーション通りに進むと稼げるようになるらしいのですが..

不信感というか怪しさが出てきましたね。

 

LINE
LINE

 

ページ内あるダウンロードを押してメールアドレスを登録すると、

SPEED5000のLINEの登録へ進みます。

どんな情報が提供されるのでしょうか?

メールアドレス&LINEをセットで登録させるという時点で怪しいのですが、

怪しい案件の様に動画は送られてきませんでした。

 

水戸サクラ
水戸サクラ

 

続いてSPEED5000をダウンロードするのですが、ダウンロード先のURLへ

進むと、今度は水戸サクラという人物のLINEを登録する流れになります。

この人がSPEED5000の主催者(開発者?)なのでしょうか?

昨年も何件かありましたが、仮想通貨で自動で稼げるといった

リケジョなパターンを思い出しました。

後ろ姿だったり、顔の部分が隠れているLINEで良い案件はなかったです。

女性の写真をを使って、登録者数を増やす作戦なのかもしれません…。

 

 

 

SPEED5000の危険性

結論を言うとこの案件はおススメできません。

理由を以下に挙げます。

 

 

 

アプリが存在しない

SPEED5000のLINEから送られてきたURLからダウンロードしても、

ダウンロードが完了と表示されますが、スマホにSPEED5000のアイコンが追加されません。

水戸サクラ氏に続いて次々と色んな人物のアカウントを登録するように

メッセージがきます…(汗)

いつになっても肝心なSPEED5000に辿り着けません。

SPEED5000を仕掛ける側の目的はたくさんのLINEアカウントを登録させて、

そこから流す案件からオプトイン報酬を目的としているのでは?

と考えられます。

私は昨年、仮想通貨の案件の情報を受け取るのに5~6人のLINEを登録したことがあります。

しかし、登録したLINEから流れてくる情報は小銭程度のエアドロップや

泉竜真氏のC-TRADING等の役に立たない情報ばっかりでした。

今回もその時と同じような手口に感じましたので、SPEED5000自体は存在しない

架空のアプリであると思いました。

また、特商法のページもないので、アプリ(毎日137,000円)を提供する側として

そこら辺がしっかり準備できていないのも不審に思います。

特商法が無い、または必要事項の記載がない時点で信憑性がないですからね。

 

 

 

過去にあった案件と酷似している

この案件を調べていくうちに、今回のSPEED5000と似たような案件が過去にあったようです。

記事にはしていませんが、リッチマネーメイカーという案件です。

 

リッチマネーメイカー
リッチマネーメイカー

 

リッチマネーメイカーは日給12万円を約束する副業アプリとしてリリースされています。

12万円の時点でもう副業ではないような気もしますが…(汗)

SPEED5000の様にスマホのアプリのような画面に仕立て上げていますね。

 

レビュー(リッチマネーメイカー)
レビュー(リッチマネーメイカー)

 

同じようにレビュー画面が掲載されています。

いかにも利用者全員が収益を上げて自由な生活を送っているかのような内容です。

SPEED5000のレビューと比較すると、リッチマネーメイカーで稼いでいる人の方が

六本木ヒルズに住んだり、毎月海外旅行、毎週温泉旅行と豪遊している率が高いです。

SPEED5000の方が

・年収5000万以上で

・日給137,000以上

なので、リッチマネーメイカーよりSPEED5000の方が色々と上回っているハズなのですが、

何故、リッチマネーメイカーの評価の方が高いのでしょうかね⁇(笑)

 

松永クミ(リッチマネーメイカー)
松永クミ(リッチマネーメイカー)

 

SPEED5000の水戸氏と同じように、顔が隠れています。

口元のギリギリを見せるのは、女性アフィリエイターの流行りなのでしょうか?

もし悪徳業者のオッサンがスマホの向こうで、この人物になりすまして操作していたら…。

気持ち悪い以外の何物でもないですね(笑)

今回の水戸氏も、もしかするとオッサンが水戸氏になりきってオプトイン報酬の為に

バンバン情報を流しているのかも知れません。

 

 

 

最後に

EPARK
EPARK

※EPARKより引用

 

もしも、水戸氏がホントのアフィリエイターでカワイ子ちゃんだったら…。

男の性、…という訳ではありませんが、

一縷の望みをかけて、念のため画像を検索してみました。

調べてみたら、上記の通り施設予約・順番受付サイトがヒットしてしまいました…(汗)

他にも静岡県のお見合い相談所や婚活パーティーの記事、美容室、

ガーデニングアドバイザー認定試験等、色んな所で活躍されているフリー素材でした(笑)

よって、水戸サクラという人物自体も存在せず、架空の人物である事も判明しました。

やはりスマホの向こうで情報を流しているのは悪いオッサンなのでしょう。

 

こーいった案件に参加する方は、楽して稼げるどころか自分のメールアドレスや

LINEのアカウント等を悪い奴らの金づるとして逆に利用されてしまうでしょう。

アプリを入れるだけで年収5,000万円なんてことは有り得ないですし、

毎日137,000円が振り込まれて、何買おうかって困る事もまず無いでしょう(笑)

仮にSPEED5000に登録したとしても、送られてくる情報は詐欺案件ですので

間違っても登録しないようにしましょう。

先月、記事にした木村裕氏のLife Createの情報も流れてきているので、

木村裕のLife Createの記事はこちら

送られてきた情報を見て「もしかしたら、この案件はホンモノ⁉」

みたいな変な期待は持たないようにしましょう(笑)

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

いくやでした。