こんにちは。いくやです。

今回は相馬琥太郎のRISEシステムについてお伝えします。

是非参考になればと思います。

 

当ブログにおいて掲載する情報・内容については十分の注意・確認した上で

掲載しておりますが、管理人の個人的判断に基づくものでその内容について

保証することはできません。

また、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性もあります。

当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。

 

RISEシステム
RISEシステム

 

 

販売者情報

販売者 記載なし
運営責任者 記載なし
住所 記載なし
メールアドレス 記載なし
電話番号 記載なし
販売ページ こちらから

※特商法はページに記載されていませんでした

 

内容

全てスマホ1台で完結する

新型転売システム遂に登場!

利益が出る商品を自動抽出・自動判別

ゲーム感覚 スマホ1台セミオート転売

RISEシステム

※販売ページより引用

 

 

スマホが普及してから数年が経ちましたが、色々なことが

出来るようになってきました。

スマホで支払いや送金が出来たり、

ゲームが進化してスマホで本格的にゲームしたり、

アプリで予約や売買など、

電話やメールという本来の機能より、他の機能が多彩になってきましたね。

人にってはPCよりも使い勝手が良く、スマホをメインのビジネスツールとして活用する

人もいるでしょう。

今日はそんなスマホでゲーム感覚で転売が出来るというシステムのオファーです。

 

ゲーム感覚で全員稼げて初心者の為のシステムと謳っており、

誰でも簡単に稼げますよ的なアピール感が強いですが、

今回のRISEシステムというのは転売初心者やこれから転売に参入しようとしている人を

ターゲットとしているようですね。

他の案件みたくローンチ動画へ誘導してビジネスモデルが不明のまま

進行していく訳ではないので、転売ビジネスがこのシステムを導入する事により

作業が楽になるのかどうかを判断していけばいいだけですからね。

 

ネットビジネス初心者はまずは転売ビジネスからとかってよく聞きますが、

これは初心者でも参入への敷居が低いというのがあるでしょう。

しかし、売る為には転売ヤーの各々が

・売れる商品の選別

・在庫を抱えるリスク(無在庫転売だったら在庫確保のリスク)

など、色々な問題に対して日々考えながらしのぎを削っています。

誰でもこの市場に参入するのは簡単です。

ただ、売れる商品の目利きというものは数多くこなした作業やノウハウで

積み上げた経験値と情報収集力があってこそできるものだと思いますので、

誰でもいきなり大きく稼げるかというのとはまた別の問題です。

 

RISEシステムを使えば利益が出る商品を自動で抽出・判別してくれるそうですが、

スマホ1台でゲーム感覚でできる仕組みとは?

一体どのようなものなのでしょうか?

販売ページでメールアドレスを登録し、その後LINEを登録すると動画が視聴できます。

動画の第1話では、今回のRISEシステムの仕掛け人である相馬琥太郎氏が登場して、

相馬氏のプロフィールと何故RISEシステムを作ったのか?という理由について

語られているのみです。RISEシステムを使っての稼ぎ方については第2話で

明かされるようです。

最初の動画で内容を明らかにしないというパターンはいつもの怪しい案件と

同様なんですねぇ~。

 

 

 

相馬琥太郎とは?

相馬琥太郎
相馬琥太郎

 

今回のRISEシステムの仕掛け人である相馬氏は自動運転という言葉に反応して

転職というよりは退職を決意したみたいです…(汗)

個人輸出を始めて3ヶ月利益0円生活を体験していたそうですが

5ヶ月で153万円の利益を上げたそうです。

ん~、0円→153万円っていきなり過ぎやぁしませんかね?

4ヶ月目の利益はどうだったのでしょうか?

普通に考えたら4ヶ月目に少し利益があって、そこから爆発的に伸びるのであれば

まだわかりますが、4ヶ月目の利益を公表していないところが怪しいですね。

相馬氏は限定品販売が得意だそうなのですが、それもRISEシステムで自動で

抽出や判別をしてくれるものなのでしょうか?

 

実績1
実績1

 

実績2
実績2

 

実績3
実績3

 

動画では色々と相馬氏の転売実績を見せてくれますが、

普通の転売と比較して、随分と価格差がありますねぇ~。

確かにこれだけ価格差が発生していれば、毎月稼いでいる様に思えますよね?

相馬氏のプロフィールにも書いてありますが、

・個人輸出をしている

・限定品を取り扱っている

これに注意が必要です。

あと気になるところがあると言えば、相馬氏の実績(仕入れ額&販売額)が相当の額なので、

これがホントであれば個人・法人に関係なく相馬氏は古物商許可証を取っているのでしょうかね?

 

 

 

RISEシステムの危険性

結論を言うとこの案件はおススメできません。

理由を以下に挙げます。

 

 

 

ebay参入への敷居の高い

以前もebayで稼げるという怪しい案件の記事があったかと思います。

あれも確かページ内に特商法に関する記載が無かったような気が…(汗)

※Millionaire N Projectの記事はこちら

 

今回のRISEシステムもその時の様に楽して稼げるかのような内容で

肝心のセミオートで転売における

・どの作業がオート化されて楽になるのか

・人的労力(作業者)が必要な部分

・RISEシステムを利用するのに本当に費用はかからないのか

等々、疑問点はあります。

現在、ebayは日本から撤退しているので、基本は英語で色々と対応しなくてはいけません。

クレーム対応やサポートなどのやり取りも英語なので、この時点でハードルが高い気が

してきますよね?

相馬氏はebayを始めてから3ヶ月、利益0円といっていましたが、

自身で英語の対応はできたのでしょうか?

それとも誰か英語が話せる人でも雇っていたのでしょうか?

もしかすると、利益だけでなく売上も0円という可能性もあるかも知れません。

それだったら英語を話す必要もなかったでしょうね(笑)

 

また、ebayを始めてからいきなり100万円以上の利益を上げるというのも

難しいと考えられます。

これはMillionaire N Projectの時の記事でも挙げた内容ですが、

ebayでは不正を防止する為に、セリングリミットという制限があります。

アカウントを開設してスタートした月は出品数が10品まで、

合計金額が500ドルまでという制限がつきます。

この制限を緩和するためにリミットアップ交渉というものがあります。

この交渉はもちろん英語でしないといけません。

交渉が上手く成功すれば良いのですが、必ずしも成功するとは限りません。

なので、開始1ヶ月は利益を上げたくても利益率の高い商品が取り扱えなかったり、

本格的に活動できないというデメリットもあります。

 

 

在庫確保のリスクが大きい可能性がある

これは相馬氏と同じ手法で、限定品に特化した転売で稼ごうとした時に

起こり得る可能性です。

限定品を取り扱って出品した場合、その商品に関して熱烈なファンや

マニアックなお客さんが高額な価格で購入するかと思いますが、

・仕入れにかかる費用

・同じような限定品転売業者との在庫の奪い合い

など、まず仕入れる段階でかなりの苦戦を強いられます。

最悪の場合、せっかくの注文を受けてもキャンセルという形を取らざる得ない…(汗)

限定品を取り扱う事によって、それだけ機会損失のリスクもあります。

もし、RISEシステムでそんな高価な商品や限定品ばっかり抽出や判別されてしまったら、

初心者や副業として少し稼ぎたい人達はまともに転売ヤーとして活動できないですよね?

 

 

 

最後に

私もこーいうブログを始める前に副業がてらやったことがあります。

その時は全て1人でやっていたので、会社が終わったら転売ビジネスの為に

労力と時間がとられた記憶しかないですね…(汗)

当時はフリマサービスやアプリなども普及していませんでした。

なので、Amazonや楽天の他、2流3流のeコマースなどで在庫確保したり、

配送業者をサイズや発送地域ごとに比較したり等、少しでも利益を出す為に

コスト削減することに気を使っていました。

今は価格を比較するツールやアプリ(モノレートとAmacodeなど)、

フリマ専用の発送方法などがあるので、

昔と比べたらすごく便利になっていると思います。

 

今から転売に参入して後発組ということはありませんので、稼げる商品は

まだまだあると思います。

しかし、ebayのように海外への輸出だと先程も述べたように常に英語で

対応が必須であるという条件がありますので、最初は実店舗や

安いネットショップで仕入れて、国内で転売をして堅実に利益と経験値を

積み上げていった方が良いと思います。

労力はある程度必要にはなりますが、変な有料ツールを購入して楽しようと考えるより

モノレートとAmacodeなどのように無料で十分使えるのもたくさんあるので、

無料のツールを使い倒して独自のノウハウを構築しましょう。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

いくやでした。